Ryze tello困ったときのQ&A

ガジェット, ドローン

Ryze TELLOが今大人気です。皆さんが困っているよくある質問をまとめました!!

Telloよくある質問

Tello エラーコード205

エラーコード205が出たときはどうすればいいですか?
エラーコード205とは、オーバーヒートの状態になってる事を示します。
そのため高温保護機能が発生し、コントローラー画面に「システムオーバーヒート。
シャットダウン中…」や「エラーコード:205」と表示されたのちに、電源が自動で切れる仕様となます。
エラーコード205発生の原因はなんですか?
1.温度が高すぎる環境下で電源を起動した場合
2.電源起動後、離陸せずに一定時間放置した場合
3.フライト後、着陸してから電源を切っていない場合
この様な際に場合エラーコードが表示されます。



Telloが正常に飛ばない場合

フライトボタンが効きませんなぜですか?
プロペラがしっかり装着されてない場合飛ばない場合がございます。
プロペラが回っているか確認して頂き、プロペラが回っていない場合は再度装着しなおしてください。
機体が安定して飛ばないです!!
一度下記の方法を試してみてください!!
1.機体を水平な場所に置き電源を入れます。
2.Telloアプリを起動し、接続する。
3.アプリ内で詳細(歯車マーク)→詳細設定→「・・・」マーク→IMUステータスと進める
4.「キャリブレーション」をタップし、画面に従い作業を進める

下記メーカーページのページにも詳細内容がございます。
https://www.ryzerobotics.com/jp/tello/videos

Telloの充電ができない場合

充電が満タンにならないです?
ノートPCなどの、USBポートからの充電の場合電力出力が低い為満充電が出来ない可能性も考えられます。
電源より充電されている場合は、
「一度USBケーブルを外す→バッテリーを外す→バッテリーを挿入→USBケーブルを挿入」の順番で改善可能かどうかを確認してみてください。



telloの保証、修理の対応について

無償付帯保険に関して知りたい!!
購入特典として「第三者への賠償責任保険」が1年間無償付帯されております。
上記適用にはご使用者自身での登録手続きが必要となります。
※製品自体の破損等を保証する保険ではございません。

詳細は保険会社様(エアロエントリー株式会社)へご確認ください。
https://aeroentry.co.jp/user_data/insurancetello.php

修理費はいくらですか?
本製品の修理対応を行う場合、以下費用が発生致します。

・点検費用:¥1.080円
・パーツ費用:故障状況による
・送料:お客様負担
・代引き手数料:お客様負担

※対応キャンセルする場合、キャンセル費用(点検費用+送料+代引き手数料)が発生となります。

弊社の販売商品紹介ページ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

オススメの商品一覧

           

商品購入はこちら