国内のドローンレース「JDL」

ガジェット, ドローン

公開日:2019-02-26

更新日:2019-03-11

国内ドローンレース

近年、世界的に注目を集めるドローンレース!
海外では賞金総額1,000,000ドル(約1億2千万円弱)という衝撃的な大会も開催されました!
動かすだけに飽きてきた!空撮だけじゃ満足できない!
そんなあなたに国内で開催されているドローンレースをご紹介!
今回は『JAPAN DRONE LEAGUE』を紹介します。




ドローンレースの種類

FPVと目視

目視はドローンを操作する本人が直接目視で確認しながら操作するレースです。
FPVはFirst Person Viewの略で、一人称視点。つまりパイロットの視点です。
ヘッドマウントディスプレイを装着し、ドローンのカメラから送られてくる映像を見ながら操縦します。

ドローンレースの種類として、そのほかにマイクロドローンレースがあります。
こちらは重さ25g以下の小型のドローンを利用したレースです。

JAPAN DRONE LEAGUE(JDL)

JAPAN DRONE LEAGUE(以下 JDL)はFPVのレースです。
初エントリー時のみ、自分の実力に合わせてエキスパートクラスかオープンクラスが選択可能です。

JDLのカテゴリー

JDLのカテゴリーは3つに分かれています。レースの結果によって下位カテゴリーから上位カテゴリーへの入れ替えも行われています。
・オープンクラス
・エキスパートクラス
・プロクラス

カテゴリーの入れ替え(昇格・降格)

レースの結果によって、上位カテゴリーへの昇格、下位カテゴリーへの降格があります。

オープンクラスからエキスパートクラスへ

オープンクラスからエキスパートクラスへの昇格は、オープンクラスでのレースの予選結果が、エキスパートクラスの予選9位以上の結果を残した場合に昇格となります。

エキスパートクラスからプロクラスへ

エキスパートからプロへの昇格は、本戦の結果に応じて配点されるQP(クオリファイポイント)によって決定されます。
昇格候補者はエキスパートクラスの決勝進出者、そしてプロクラスのQP下位3名が降格候補者になります。この計6名の候補者の、それぞれのQPを高得点順に並べ、上位3名がプロクラスへ、下位3名がエキスパートクラスへ入れ替えとなります。

ポイント制度について

QPという言葉がでてきましたので、JDLのポイントについて説明します。
パイロットには2種類のポイントが付与されます。

QP(クオリファイポイント)

予選の結果に応じて1位には30ポイント、2位は29ポイント、3位は28ポイント、というように配点され、30位以下は全員1ポイントとなります。

予選結果 QP 予選結果 QP 予選結果 QP
1位 30P 11位 20P 21位 10P
2位 29P 12位 19P 22位 9P
3位 28P 13位 18P 23位 8P
4位 27P 14位 17P 24位 7P
5位 26P 15位 16P 25位 6P
6位 25P 16位 15P 26位 5P
7位 24P 17位 14P 27位 4P
8位 23P 18位 13P 28位 3P
9位 22P 19位 12P 29位 2P
10位 21P 20位 11P 30位以下 1P

FP(ファイナルポイント)

こちらは本戦の結果に応じたポイントです。
順位とクラスによって配点が変わります。

順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位
プロ 20 18 16 15 14 13 12 11 10
エキスパート 15 13 11 10 9 8 7 6 5
オープン 10 8 7 6 5 4 3 2 1

これらのポイントによって、ランキングやカテゴリーの入れ替えがなされます。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

オススメの商品一覧(楽天売上ランキング)

オススメの商品一覧(弊社ネットショップ)

商品購入はこちら