ドローン映像制作は難しい?プロになるには。

ガジェット, カメラ, ドローン

公開日:2019-03-07

更新日:2019-03-13

ドローン映像制作

いままでドローンといえばラジコン感覚で、子供用のおもちゃという認識を持っていた方は少なくないのではないでしょうか。しかし、ココ最近では、ドローン操縦士と言われる職業が増え、ドローンを主軸にした事業展開を行っている会社もあるほどです。そんな今までのイメージとは変わって未来を担うドローンの職業についてご紹介します。

ドローン事業は日々需要が高まっている

最近ではテレビ・映画といったところにもドローンの空撮の技術は取り入れられていて人の手で取ることのできないインパクトのある撮影が可能になります。
また、テレビ・映画のみならず、ドローンを活用したお仕事の重要は日々高まっています。では、その時代の波にのるため、どのように準備をしたらドローンのお仕事ができるのかまた、おすすめのドローンなどをご紹介します。

ドローン事業一覧

  1. 映像制作
  2. フォトグラファー
  3. ドローン販売・小売
  4. ドローン操縦士
  5. 営業、セールス
  6. 講師、インストラクター

ドローンを活用した映像制作をするには。

ここでは映像制作に注目してご紹介していきます。映像制作はドローン事業の中でも大人気の職業です。また空撮を活かした写真をとるフォトグラファーの方たちもいます。一見簡単そうに見えますが、ドローンを飛ばせるだけでは、うまくは行きません。まずは、準備するものをしっかり見定め、実行していくことが必要です。

準備するべきこと

大きく分けて以下の物を準備する必要があります。

  • ドローンと制作環境
  • ドローンの操作技術
  • 空撮の技術・制作技術

ドローンと制作環境

ドローン

当たり前ではありますが、空撮を行うにはドローンが必要になります。
ドローンは比較的お安い製品ではないのでどの製品を買うかしっかり検討しないといけません。本格的なプロを目指しているのなら、最低でも10万円以上かかります。空撮を楽しむ程度なら10万円以下の物もありますので自分の用途にあったものを選びましょう。

おすすめメーカーはやっぱりDJI

ドローンが好きな人にDJIというと誰しも知っている超有名メーカーです。
  ドローンに関しては世界80%のシェア率を誇っていて日本にも正規代理店は多数有ります。何がおすすめかというとやはりプロも愛用しているドローンが多数あるからです。有名どころではPhantom4MAVIC PRO取り扱っていて、年々改良され、新モデルが続々登場しています。そんなDJIのおすすめ機体を数点ご紹介します。

  •  
      MAVIC2 PRO

     

    MAVIC AIR
    MAVICシリーズの後継機になるドローンで、形状もMAVICとよりコンパクトになり持ち運びやすいので出張や現場に出向くにはちょうどいいサイズ感です。MAVICの性能を持ちながらコンパクトなところが非常に人気で、飛行時間も最高で21分と比較的長いフライトが可能です。

  •  
      MAVIC2 PRO

     

    MAVIC2 PRO
    こちらもMAVICシリーズで、最新作のモデルで今回は2モデル販売されています。こちらのドローンはHasselbladカメラが搭載されておりより鮮明な映像を撮影することができます。また、障害物検知などのアシスト機能の充実しているため、映像制作・空撮におすすめのドローンです。

  •  
      TELLO

     

    TELLO
    こちらのドローンはプロのような映像撮影はできませんが、ドローンの操縦方法・撮影方法などの練習機としてはすごく優秀で、価格も2万円以内とお買い得です。ドローンには手が出せない人はまずトイドローンで練習するのもアリだと思います。また子どもたちにも非常に人気が高い製品です。

制作環境

ドローンを用意した後は撮った写真や映像はお客様のご要望に合わせ編集します。
そのために、編集可能な制作環境が必要になります。

制作環境①パソコンを用意する

映像編集をするにはまず、パソコンが必要になります。ノート、デスクトップは特にどちらでもいいとおもいますが、持ちやすさ等を考慮するとノートパソコンがおすすめです。

制作環境②編集ソフトを用意する

パソコンを用意した後は編集ソフトを用意しましょう。編集ソフトは無料のソフトから有料のソフトまで幅広く存在しますがプロを目指す方は有料のソフトを最初から使い、使い方になれていてもいいかもしれません。趣味などで、映像編集をする場合は、無料でもクオリティの高いものはあります。

ドローンの操作技術

ドローン映像制作

操作技術

どれだけ高性能のドローンであったとしても、初めては操作が難しいものです。しかし、フライトであたふたしていては映像をとるなんて事はまずできません。ですが、DJIのドローンはホバリング機能はアクティブトラック機能というアシスト機能が多数ついているので機能と操作になれてしまえば、うまく操作することが出来るようになります。

ドローンを学ぶ

本格的に技術を身に着けようと思い、飛ばそうとしても日本は、現在も規制があるため飛ばせる場所は限られていますが、(申請を提出すれば、飛ばすことができます。)今ではドローンの基礎知識から、技術まで学ぶ事が出来る教習校なども多数存在しますので学びに行くのも
一つの方法です。

空撮の技術・制作技術

ドローン映像制作

空撮の技術

ここからは写真や、映像の分野の知識・技術を身につけていきます。写真の技術となると簡単のように感じるかもしれませんが、まずカメラを理解する必要があり、専門用語がたくさん出てきますので、実際に写真や映像をとりながら覚えていくことをおすすめします。また、普通の写真とは違い、空中で撮影するのでより制度の高い撮影技術が求められますので技術を高める必要があるのです。

制作技術

制作技術は主に、映像の編集力・ディレクション力・表現力のことを指します。ドローンを使った映像制作と取り上げていますがやることは映像制作とあまり変わりません。そのため一からドローンの映像制作をする方は非常に難易度が高く、まず制作会社などで、実力をつけることをおすすめします。

まとめ

プロを目指す方はまずは実績を。

今回は、ドローンの映像制作・写真撮影のお仕事を取り上げ、どんな準備をすればいいのかを詳しくご紹介しましたが、見てもらった通り簡単ではありません。
ドローンを操作して写真を取るだけではありますが人気の事業にもなるので
競争率も高まってきています。プロを目指す方はまずは映像の世界に飛び込むことを
考えてみてはいかがでしょうか。

自社・自分の映像を作りたい方

ドローンを軸とした制作会社も多数ありますので、自社のプロモーションや
映像を作りたい場合は思い切って依頼をしてみることをおすすめします。
その中でも専門で、ドローン撮影に特化した制作会社は比較的クオリティも高く
安心ですので機会があればご覧ください。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

オススメの商品一覧(楽天売上ランキング)

オススメの商品一覧(弊社ネットショップ)

商品購入はこちら