DJI CAMP

DJI CAMPはマルチコプター(ドローン)およびカメラ技術を開発・製造するDJI JAPAN株式会社が認定をおこなう操縦者向けの民間資格です。
DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定し、ドローンの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかを評価しています。

特徴

合格すると、「DJIスペシャリスト」に認定されます。
DJI社から、経験と知識を有すると公認されるため、仕事を受けられる際など、依頼者からの技術不安を払拭したり、国土交通省申請時に添付資料として使うなど様々な活用が考えられます。

受験料

DJI CAMP:59,000円

JUIDA(日本UAS産業振興協議会)

JUIDA認定スクールでJUIDAが定める科目を終了した操縦士には、
無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を認定する『無人航空機操縦技能証明証』が発行されます。
また、『無人航空機操縦技能証明証』を取得後、飛行業務を経験し、無人航空機の安全運航管理に関する基本知識とリスクアセスメントの修了者には、無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識を有し、飛行業務の安全を管理する者を認定する『無人航空機安全運航管理者証明証』が交付されます。

受験料

受験料は各スクールの料金設定によります。

例:220,000円
操縦技能証明証¥200,000 + 安全運航管理者証¥20,000

受講料に含まれるもの
  • 屋内練習用トイドローン送付
  • テキスト
  • 機体レンタル料
  • 修了試験料
  • 再試験料

まとめ

ドローンの利用に必ずしも必要ではないドローン資格ですが、資格の勉強をすることで、専門的な知識や関連する法律を体系的に学ぶことができ、正しく運用することが出来そうですね!
お仕事にドローンを活用する方には、知識と技能の証明にもなり、自身のアピールに効果的に使えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。